水抜きのお話

水抜きとは

真冬の北海道では、室内温度が低くなり、水道管の中の水が凍ってしまい、水が出なくなったり、最悪の場合、氷の体積膨張で水道管が破裂してしまいます。(水道はマイナス4℃位から凍結し始めます。)水道管が破裂してしまうと、部屋が水浸しになり、炊事、入浴、トイレ、洗濯など、お客様の生活に様々な支障がでるだけではなく、階下の住人の方にも迷惑をかけてしまい、手痛い出費になってしまいます。厳冬期の夜間長期不在のときには水抜きを忘れずにしてください! 


1.台所、洗面所、浴室の蛇口をを少し開ける。

元栓を閉める前に水を出しっぱなしにすることで、管の中に残っている水を出すことが出来ます。水だけではなく、お湯も抜きます。浴室のシャワーホースはバスタブの中に置くと水が抜けます。


2.元栓(水抜き栓)をしっかり閉める。

水抜き後も蛇口は開けっ放しにします。だらだらと水が落ちてきますが、気にしない。これで、台所、洗面所、浴室の水抜きは完了。


3.トイレタンクのレバーを回し、タンク内の水をほぼ空にします。

ホースを付けたままだと水抜きはできません。ホースの中の水は洗濯機の中に落とします。また、洗濯機の蛇口からは水が出てきますので、容器などで受け止めてください。


4.洗濯機の蛇口は、ホースを取外し蛇口を開けます。

トイレはこれで完了です。万が一、便器内の水も凍る場合は、水抜き後、便器内に車用の不凍液(クーラント液)か、ウォッシャー液(安価です)を入れると凍結しません。


5.復旧は、開いていた蛇口を閉めて元栓を開きます。

いままでの逆の作業をしてください。水が勢いよく噴出しますので、注意してください。


6.ガス給湯も注意。

最近の給湯器には凍結防止ヒーターが備わっています。外気温が相当寒くなるまでは、この機能により凍結はしないようですが、長期間不在にする場合にはガス給湯器も水抜きをする必要があります。それぞれの給湯器の説明書にしたがって水抜きしてください。


7.凍結してしまったら

軽い凍結でしたら室温をあげることで解凍します。暖かい濡れタオルやぬるま湯をかけることでも解凍します。ただし、熱湯を直接水道管にかけると管が割れてしまうので決してしないでください。手に負えないようであれば、管理者に連絡するのが一番です。また、万が一を考えて個人賠償責任保険か家財保険に入っていると安心です。(どちらも安価な保険です)